消費者金融の審査に落ちたら

女性でも消費者金融の申込みは可能です。働いて収入を得ていれば、パートでも主婦でもお金を借りられます。

 

ただし、申込み時には審査があり、審査に落ちてしまうとお金を借りられません。消費者金融の審査はそれ程厳しくないと言われていますが、実際審査に落ちてしまう人もいます。もしも女性で消費者金融の審査に落ちてしまった場合、銀行で借りるという手段もあります。

 

消費者金融と銀行のカードローンの大きな違いの1つに、総量規制があります。消費者金融では総量規制により、年収の1/3を超える借入れはできません。働いていない専業主婦もそうですし、収入が少なすぎる専業主婦の場合、これも審査を通すのは難しいでしょう。

 

銀行のカードローンは総量規制の対象外なので、年収の1/3を超える金額でも借りられる可能性があります。専業主婦でも、配偶者に安定した収入があれば、申込み可能な銀行もあります。ここは消費者金融と違う所です。

 

そこで、消費者金融の審査に落ちてしまったら、敢えて銀行のカードローンに挑戦するという手もあります。一般的には消費者金融の方が審査に通りやすいと言われていますが、消費者金融と銀行では審査基準が違います。その為、消費者金融の審査に落ちても銀行のカードローンの審査には通る可能性があります。

 

とは言え、基本的には銀行の審査は消費者金融よりも厳しくなっています。消費者金融では利用ができない専業主婦の方となると別ですが、自身の安定した収入で申込みをしたにも関わらずに消費者金融の審査に落ちてしまった方は、銀行で借りられる可能性があるかと言えば正直なところは厳しいです。

 

特にメガバンクなどの条件に優れるカードローンは審査も厳しくなるので、消費者金融で落ちた方がその後に銀行の審査基準をクリアするのは難しいのが現実です。

 

金利上限に優れ限度額も大きくなる三井住友銀行カードローンの即日審査も早い回答であっても基準は消費者金融よりも厳しいため、ある程度の収入や信用情報がないと女性の方でも審査通過は難しくなります。