女性が消費者金融を利用するのは変?

消費者金融のようなカードローンは、使い道自由で繰返し借入れや返済ができます。今どうしてもお金が必要という人はもちろん、今後お金が必要になった時のための備えとして1枚契約しておく人もいます。

 

消費者金融は男性が利用するというイメージが強いようですが、女性でも消費者金融の利用者はいます。消費者金融利用者の男女比は7:3で、3割は女性が利用しているのです。生活費の補填だけでなく、エステなどの自分磨きのためや、欲しい服やバックなどに使う女性もいます。

 

女性が消費者金融を利用するからと言って、おかしいわけではありません。むしろ、女性の方が男性よりも経済観念がしっかりしている傾向があるので、返済率では優秀な位です。消費者金融でも女性専用相談窓口を設けるなど、女性顧客の獲得に力を入れています。

 

女性が消費者金融を利用する時には、女性ならではの注意点があります。申込み前に、女性が利用する時にはどのような点に注意すればよいのかを抑えておきましょう。

 

専業主婦は消費者金融で借りられない

女性でも消費者金融利用者はいますが、働いて収入を得ている人に限られています。OLやパートの主婦など、自分自身が働いて収入を得ていなければ、消費者金融での借入れはできません。総量規制という法律によって、貸付けは年収の1/3までと決められているので、収入が0なら借入れできる金額も0となってしまいます。

 

ただし、消費者金融に限らないのであれば、専業主婦でもカードローンの契約は可能です。銀行系のカードローンは総量規制対象外なので、専業主婦でも借りられる所があります。

 

地元の金融機関でも借りられるところは多くあり、例えば仙台銀行カードローン専業主婦の借入れとすれば配偶者に安定した収入があれば可能としています。

 

自身で収入を得ていなくても配偶者が安定した収入を得ていると専業主婦の方でも借りられる可能性があるので、専業主婦の方は消費者金融の利用ではなく、仙台銀行などの地元の金融機関のカードローンを見ておくと良いでしょう。

 

 

収入と支出のバランスに注意

女性が消費者金融でお金を借りる時には、収入と支出のバランスに注意しましょう。消費者金融はパートやアルバイトの主婦でも申込みが可能です。ただし、収入が少ない状態で借入れを行えば、返済の負担も大きく感じます。

 

フルタイムならばともかく、現状は男性と比べると女性の方が収入は少ない傾向にあります。借入が可能だからと言って、安易に借入れを繰り返すと、収入に対して返済額の割合が大きくなってしまい、自分自身の生活を圧迫してしまいます。

 

自分がいくら借りられるのかではなく、いくらまでなら余裕を持って返済できるのかに注意しながら借入れをしましょう。

 

家族の理解を得ておく

女性がカードローンを利用する時には、家族への目配りや気配りも大切です。消費者金融の申込みに保証人は不要なため、例えば主人に内緒でも借入れはできてしまいます。自分の返済できる範囲内で利用するのであれば問題ないかもしれませんが、返済ができなくなると、自分だけでなく家族に迷惑がかかる可能性もあります。

 

消費者金融でお金を借りる際には、家族に迷惑がかからないよう注意が必要です。中には家族に内緒でいくつもの消費者金融から限度額いっぱいまで借りてしまうような人もいます。そこまでいくと家庭崩壊のような深刻な問題にも発展するので、使い過ぎないように注意が必要です。

 

不安な点は相談しておく

消費者金融については、女性間であまり話題にならない問題かもしれません。利用を隠したがる人も多く、その為消費者金融の仕組みなどに詳しくない女性は多いです。しかし、消費者金融でお金を借りれば、返済の義務も生じます。

 

何となくで借りるのではなく、例えばいくら借りたらいつまでにいくら返せばいいのかなど、不安な点は事前に確認しておきましょう。

 

大手消費者金融には、女性専用のフリーコールが設けられています。対応するオペレーターは女性なので、安心して相談ができます。電話をしたからといってしつこく勧誘されるわけではないので、疑問点があれば事前に聞いておきましょう。

 

女性向けのサービスが充実していることでも有名なプロミス倉敷のカードローンキャッシングでは、女性用のレディースキャッシングが用意されています。金利等の条件は通常のプロミスのカードローンと変わりはありませんが、女性でも利用がしやすいように配慮がされているため、初めて借りる方でも安心ができます。